粗大ゴミを出す前に下調べが必要

PR|生前整理を考える
市町村によって何を粗大ゴミとするのか若干違っているようなので、住んでいる場所の粗大ゴミの定義を確認する必要があります。余裕を持って調べておくと、いざ粗大ゴミを出すときに迷わなくてもすみますね。

今ではわざわざ役所に問い合わせなくてもネットで調べればすぐに分かります。全国的には、一辺の長さが30センチより長いものは粗大ゴミとされているようです。そして、家電製品は粗大ゴミとして判断されるようです。

指定された日、決められた時間内にゴミ収集場所にきちんと出しましょう。それでもぎりぎりの大きさだと持って行ってもらえないこともあります。これはゴミ収集をする人によって判断が多少違うためなので仕方がありません・・・。

どうしても無料で持って行ってほしかったら、次回の粗大ゴミの日に出してみてもいいでしょう。指定のゴミ収集袋が伸びるほど穴が空きそうなほどぎりぎりなら、他の方法で処分することも考えた方がいいかもしれません。

<広告>|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com||女性向けエステ.com|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|内職 アルバイト|生命保険の選び方|貯蓄|家計見直しクラブ|