月別アーカイブ: 2018年4月

家に送られてくる遺品の片付けの話

私の家には様々な品物があって貰ったことが多いです。以前は故人の遺品を貰ったので家の中が狭く感じました。しかし大事な人の遺品で捨てることは意識していなかったです。
それは家具と衣服類で大量にあったので困りました。特に衣服は古いものが多くてリサイクルが必要だと思いました。例えば着物や外国製の服が混じっていました。

 

家族もそれを使わないので遺品の片付けをすることに決めました。その時はリサイクルしたいと感じて売れる場所を探しました。やはり身近なリサイクルショップや知り合いを頼りました。
リサイクルショップは便利で大量の服を整理できて良かったです。私は古い服を整理して家も綺麗になったと感じました。また知り合いも遺品の片付けでは協力的で貰ってくれました。

 

こういう状況で上手く遺品の片付けができてスペース確保に繋がりました。しかし家具は大型で処分には時間が掛ると思いました。しかし良い古い家具もあったのでそれは再利用して家族で使っています。

遺品の片付けは専門家にまかせる

人がなくなった時に、その人の家の中は大変なことになっていることが多いです。特にしばらく一人暮らしをしてきた人など、部屋中が散らかっていることがあります。その状態と見た時、こんなに大変だったんだと改めてその人の暮らしぶりを知ることができますね。

 

そしてそれと同時に、どんな風に片付けたらいいのか気持ち的にパニックになることがあります。ほとんどの遺族は、そんな気持ちになるのではないでしょうか。
そして片付けていると、だんだんと腹がたってくることもあります。こんなところにこんなものがあるなど、片付けても片付けても片付かないのでその結果、イライラしてしまうのです。その気持ちにはなりたくありません。

 

そんな時、一番いいのは遺品整理を専門にしてもらうことができる業者に依頼をすることなのです。依頼をすると、専門家の人たちはその段取りよく片付けを行ってもらうことができます。すると、イライラする気持ちにもならず、本当にいいと感じます。

丁寧な遺品の扱いにありがたかった

祖母がなくなり、遺品を整理することになりました。その時、家族全員が働いていたので、遺品の整理をするのは休日に行うこととなったのです。しかしその時にどれだけ頑張っても、なかなか進まなかったのです。遺品というのは、自分が想像している以上にあります。これだけならと思っていても、倉庫や押し入れの中にあることを知ると、とんでもない量であることに気づきました。そしてこの量は、自分たちでは無理と思うようになったのです。

そんな時、依頼をするのは遺品回収業者です。これはどこの市町村でもいるのでとても助かります。こんな業者がいない前は、どんな風に片付けていたのかと思うくらいです。本当に助かります。

しかも感動することとして、とても丁寧に見てくれているのです。遺品一つ一つを見て振り分けています。遺品整理を行う前には、きちんと手を合わせてもらうことができるのです。そんな気持ちのこもった遺品整理の業者なら、信頼できると思った事でした。