未分類」カテゴリーアーカイブ

遺品整理で困るのは、趣味の品

埼玉の祖母の遺品整理の際に一番困ったのは、祖母が生前に集めた毛糸や布などの趣味の品物です。母や私も、同じ趣味を持っていますが、とても全てを残せる量ではありませんでした。祖母が大事にしていたものを処分する気持ちにはなれませんでした。

 

しかし、家の処分もあり時間的にも余裕がなく捨てずに済む方法を見つけるのに困りました。まずは、私と母と姉で欲しいものを出来るだけもらいました。その後、祖母の兄弟やその子供さんにも声をかけ見てもらいました。

 

それでも、毛糸や糸、着物に仕立てられる巻物、洋裁用の布などあらゆるものが残りました。出来ることから全てを引き取りたい気持ちでしたが、自宅のスペースに限りがあり諦めざる終えませんでした。

 

そこで、知り合いのツテをたどってデイケアの施設でそれらのものを使用して利用者さんが、作品を作っていることを知りました。そこに、連絡をしたところ快く引き取ってくださることになり、寄付しました。

 

大事な人が大事にしていたものを片付けるというのは、思い出もあり温かい気持ちになったり寂しい気持ちになったりするものです。出来るだけご自身に負担なく後悔なく出来ることが大切だなと思います。

リサイクルショップを利用した遺品整理

通信販売にハマってしまった祖父は、自分では使えない(使わない)器具を、家族のためにと色々買い込むようになりました。

家族が注意しても止まらない状態・・・はっきり言って無駄遣いです。

誰も使わないので祖父の部屋に集められた様々なモノは、どんどん部屋を圧迫していきました。

そんな祖父が他界し、残された多くのモノ。

家族にとっては粗大ごみでしかないそれらのモノでしたが、殆ど使っていない新品も多く、遺品整理のためにリサイクルショップに売りに行くことにしました。

といっても自家用車で一度に運べる量ではなく、何度か店を変えて売り歩きました。

二束三文の価格ではあったものの、粗大ごみとして出したらお金を取られてしまうので・・・リサイクルショップがこれほどありがたいと思ったことはありません。

それらを片付けると、本当に祖父のものといえるものはダンボール1箱にもならず、遺品整理それらはとりあえずひとまとめにしてまだ捨てられていません。

意外に少なくて驚きました。

自分も、本当に自分のものと言えるものだけを集めたらこれくらいしか無いのかな、と感じました。