子供が小さい時からのものがある遺品整理

昔の人は、ものを大切にすると言いますがこんなにあるのかと、それを見たときにドン引きすることがあります。それは、使うことができないものがほとんどです。しかし祖母も口ぐせのように言っていた事として、いつかは役に立つだろうという言葉を思い出すことができました。その言葉の意味と同じように、いつかは使う時がくるかも知れないと、ほとんどそのような事がないとわかっていても残しているのでしょう。
特にびっくりしたのは、子供のモノは捨てずに残しているということです。私の母親のものをしっかりと写真から全て残していました。そんなことなので、タンスがいっぱいになることは当たり前の子とですね。
しかし片付けをしていると、自分が知らない頃の母親の写真を見ることができたりして、懐かしいと思うこともありました。今と全く景色も違うので、そのような写真を見つけるとそのまま片付けができなくなります。遺品整理はそんなことで、なかなか進みません。