丁寧な遺品の扱いにありがたかった

祖母がなくなり、遺品を整理することになりました。その時、家族全員が働いていたので、遺品の整理をするのは休日に行うこととなったのです。しかしその時にどれだけ頑張っても、なかなか進まなかったのです。遺品というのは、自分が想像している以上にあります。これだけならと思っていても、倉庫や押し入れの中にあることを知ると、とんでもない量であることに気づきました。そしてこの量は、自分たちでは無理と思うようになったのです。

そんな時、依頼をするのは遺品回収業者です。これはどこの市町村でもいるのでとても助かります。こんな業者がいない前は、どんな風に片付けていたのかと思うくらいです。本当に助かります。

しかも感動することとして、とても丁寧に見てくれているのです。遺品一つ一つを見て振り分けています。遺品整理を行う前には、きちんと手を合わせてもらうことができるのです。そんな気持ちのこもった遺品整理の業者なら、信頼できると思った事でした。