捨てたゴミ袋を開く大家さん

20年以上前に東京で一人暮らしをしていたのですが、その当時ゴミの分別が始まった頃で今とは違い大雑把な分別でしたが、分別に悩むことが多く結局燃えるゴミで捨てたりしていました。
そんなある日燃えるゴミを出す日の朝ですが、朝早く近くのコンビニに行って朝食を買いアパートに戻ると大家さんがゴミ袋を開いて中を見ていました。
誰が出したゴミなのかは分からないのですが、私もその日はゴミを出していたし気になったのですが、話しかける勇気が持てず大家さんがいなくなるまで周りをうろついてから部屋に入りました。
なぜゴミ袋を開いていたのか分からなかったし、もしかしたら悪気がなくてたまたまゴミ袋の中を確認したかっただけかもしれないと思ったのですが、その後朝にコンビニに行くときとか帰りとかで何回か同じような光景を目撃したので、大家さんに尋ねてみました。
なんでも私の隣の部屋の女性が同棲しているのではないかと疑っていて、ゴミ袋の中から証拠となるものがないか探していたということでした。
そして、私にも男性が彼女の部屋に来ていないかと聞いてきました。
大家さんには男性は来ていないようだと答えましたが、確かに毎週土曜日に来ているようでした。
それ以来、別に知られて困るものは出していないのですが、プライベートを覗かれている感じが嫌だったのでその後にシュレッターを買い、住所や氏名が書かれているものなど個人情報に関係するものはシュレッターにかけて捨てていました。

PR|遺品整理はプロに任せる|