祖母の遺品の片付けを業者に依頼しました。

私には祖母いたんですが、この祖母が亡くなった時の遺品片付け体験談です。

私の両親はすでに亡くなっており、祖母は老人介護施設で暮らしてました。
介護施設は1ルームの寮みたいな感じで、自活出来る老人を支援するって感じの所でした。
食事は提供されてましたし、エアコンは常に効いていて快適だったと思います。
問題になったのは祖母がなくなってからです。
生前祖母が退屈しないよう、大型テレビを持ち込んだり快適に過ごせるよう電化製品を持ち込んでました。
1ルームとはいえキッチンとトイレはついてましたし、部屋は12畳ぐらいだって広い部屋だったので結構置けたんです。
しかし祖母が亡くなると今まで持ち込んだ電化製品を処分しなくてはなりません。
目の悪い祖母が見やすいように50インチの大型液晶テレビを買ってあげたり、冷蔵庫等も買ってあげてたので処分に困りました。
普通なら私と両親とで遺品整理するんでしょうが、何しろ両親は亡くなっており私一人で全部しなければなりません。
液晶テレビは私一人でも持てても冷蔵庫は無理です。
どちらにせよリサイクル家電なので処分料金は必要ですし、遺品の片付けを業者に依頼しました。

私自宅の郵便受けによく投函されてる便利屋のチラシを見て電話しました。
まず見積もりをしてもらいましたが、交通費・出張料・リサイクル料金等合わせてトータル4.2万円と言われました。
自分でもリサイクル家電の処分料で1万5千円ぐらいはかかりそうだなってわかってましたし、まあこれで全部持っていってくれるなら楽ななものだと思い依頼し、遺品全部片付けてもらいました。
少々高くつきましたが、自分ひとりで遺品整理は無理でしたしほんと助かりました。