母が残した大量の遺品整理

ドラマなどでは遺品整理はサッとし始めあっという間に終わるので簡単に済むと思っていました。しかし、いざ身内が無くなった時に大量に残された服などの身の回りの持ち物を目の前にして茫然としました。1つ1つに思い出があるであろう服も沢山あるのを見ると感傷に浸る暇もなく、これを全部どうやって片づければ良いのか凄く悩みました。

仕事をしながら実家に何度も足を運ぶのが大変な日々だったのを覚えています。出来る範囲からコツコツ片づけ、母と私の身長が似ていた事も有り靴や服はある程度自分が持って帰り、使えない持ち物は全て1つにまとめて置いて、役所に申請をして大型ごみとしてごみ処理まで車で一度に運び処分しました。

家族として一緒に住んでいた時に使っていた食器は新聞に包み処分、新品のお皿やスプーンなどもありましたが問い合わせたところ元々入っていた箱が無いとリサイクルも引き取ってはくれなくて、それらも包み然るべき処分のやり方で捨てました。役所の大型ごみの処分は普通の民間企業に頼るより安くついたのでとてもありがたかったです。